HOME » ソーラー発電システム導入お役立ち情報(愛知編)

ソーラー発電システム導入お役立ち情報(愛知編)

太陽光発電

名古屋などの愛知エリアで太陽光発電(ソーラー発電)を導入する際、役に立つ情報をまとめているカテゴリです。

「業者選びのポイント」ページでは、数多くある太陽光発電システムの販売会社から、信頼できる会社を選ぶための3つのポイントを解説しています。

ソーラー発電システムを低コストで導入できれば、それだけ初期費用を早く回収できることは確かですが、いい加減な工事によって大切な家を傷つけることになってしまったら取り返しがつきません。

また、設置後のサポートがしっかりしていない会社だと、10年20年と長いスパンで安心な運用をすることはできないでしょう。愛知エリアでのソーラー発電システムの導入で失敗しないためには、会社選びが最重要といっても過言ではありません。

「太陽光発電とお金の話」ページでは、名古屋で太陽光発電を導入する際に、国や地方自治体から受けられる補助金の説明をしています。

名古屋の場合は国と愛知県、名古屋市の3ヵ所から補助金を貰うことが可能です。また、名古屋で住宅用の太陽光発電システムを設置した場合に予想される年間の発電量と、それによる売電収入金額の試算も掲載しました。

業者選びのポイント

こちらのページでは、信頼できる太陽光発電の施工業者を選ぶポイントを解説しています。個々の住宅に適したシステムや設置の方法を提案してくれるかどうか、建設業の許可や電気工事士の免許等、必要な認可と資格を取得しているかなど、施工業者を決める際に押さえておきたいポイントは多いです。

見積もりの安さや営業マンの態度だけではなく、アフターフォローやメンテナンスの充実度、これまでの施工実績といったごまかしのきかない部分までチェックして、悪質な業者を避けましょう。

>>業者選びのポイント

太陽光発電とお金の話

東日本大震災をきっかけに、政府は太陽光発電システムの導入を推進しています。ただ、太陽光発電の整備には当然お金がかかるので、費用負担が大きいという理由で導入を決断できない人も多いです。そこで、政府は太陽光発電を導入する人に向けて補助金を交付しています。

愛知県名古屋市も例外ではありません。こちらのページでは、太陽光発電を使う人が貰える補助金制度や、年間の売電収入がいくらくらいになるかの試算、どういう場合に翌年の税金が増えるのか、といったお金の話をまとめました。

>>太陽光発電とお金の話

愛知県で太陽光発電を設置する際に知っておきたい仕組みやメリット

そもそも、愛知県で太陽光発電を設置するとどういったメリットがあるのでしょうか。それに、仕組みも知らずに太陽光発電のような高い設備を導入することに不安を覚える人もいるでしょう。

こちらのページでは、太陽光発電を取り入れる具体的なメリットをはじめとして、愛知県で補助金を受け取るための支給条件や手続きの方法などを詳しく解説しています。

補助金を貰うためには、制度を知っている人が自分で申請しなければなりません。「太陽光発電とお金の話」も合わせて、ぜひ導入前にチェックしてください。

>>愛知県で太陽光発電を設置する際に知っておきたい仕組みやメリット

愛知で太陽光発電を導入する際に検討したい金利の低いソーラーローン

太陽光発電は、設置費用が高いです。日照量や売電量によってはいずれ初期投資を回収することができる設備だとはいえ、手持ちの資金が足りなければ設置できません。

そこで役に立ってくるのが、太陽光発電用の融資であるソーラーローンです。こちらのページでは、愛知県で利用できるソーラーローンの中でも、とくに金利が低くて条件の良いおすすめローンをご紹介しています。

>>愛知で太陽光発電を導入する際に検討したい金利の低いソーラーローン

太陽光発電パネルを増設して収益アップ!~注意点を把握しよう~

太陽光発電システムを導入すると、余った電力を電力会社に買い取ってもらい、副収入を手に入れることが可能です。ただ、思ったよりも日照条件が良いため、今設置している太陽光発電パネルを増設したいという人もいるでしょう。

こちらのページでは、太陽光発電パネルを増設するメリットや「増設」と「過積載」の違い、増設する際の注意点をまとめています。増設してから後悔することのないように、太陽光発電の増設は準備万端の状態で進めましょう

>>太陽光発電パネルを増設して収益アップ!~注意点を把握しよう~

農地で太陽光発電を使用する際の手続き

少子高齢化が進み、耕作放棄地の増えてきた日本では農地が余っています。休耕地や親族から相続した持て余し気味の農地を、太陽光発電システムの場所として活用しようと考えるのは自然な流れです。

ただ、農地は税の面などで優遇を受けられる代わりに、利用制限が非常に厳しい土地となっています。農地の種類によっては、政府や地域の農業委員会に無許可で太陽光発電を設置すると、罰則を受ける可能性があるので気をつけましょう。

こちらのページでは、農地に太陽光発電システムを設置する上で知っておきたい基礎知識をまとめました。

>>農地で太陽光発電を使用する際の手続き

太陽電池と燃料電池の違いと原理を解説【愛知】

ひとくちに省エネでクリーンな発電設備といっても、実際にはさまざまな違いがあります。中でも大きいのが、太陽電池と燃料電池の違いです。どちらのシステムを導入するかによって、設置費用やメンテナンスの方法、災害時の有用性などが変わってきます。

こちらのページでは、太陽電池と燃料電池の違いを解説しました。少しマニアックですが、太陽電池と燃料電池のより細かい種類についても触れているので、ぜひご覧ください。

>>太陽電池と燃料電池の違いと原理を解説【愛知】

太陽光発電の設置で起こりうる3つのトラブルと対処法

太陽光発電の設置は国が推進する事業のひとつですが、太陽光発電の設置業者には問題があるものもいます。また、問題のない施工業者を選んだとしても、確認不足等や意見のすれ違いが原因でトラブルに発展する可能性もゼロではありません。

こちらのページでは、契約時のトラブル・近隣住民とのトラブル・設置後に起きるトラブルという3大トラブルの中からよくある例を紹介し、その対処法を解説しています。起こす必要のないトラブルは、事前の準備でしっかり予防しておきましょう。

>>太陽光発電の設置で起こりうる3つのトラブルと対処法

これからの太陽光発電の将来像

太陽光発電の導入をためらう理由のひとつが、「高いお金をかけてシステムを設置しても、従来通り毎月電気料金を払うのと大した違いがないのでは」という疑問です。

こちらのページでは、総務省や一般社団法人太陽光発電協会(JPEA)の発表をもとに、愛知県内における太陽光発電の普及率や、初期費用の低価格化が進む現状について解説しました。

利用する人が増えると商品の値段が下がるのは経済の基本であり、太陽光発電も同じです。太陽光発電の将来像を知って、安心してください。

>>これからの太陽光発電の将来像

メーカーが色々あって難しい…太陽光発電の設備の選び方

太陽光発電システムは、数多くのメーカーが販売しています。商品名もパネルの機能も設置費用も異なる中、何を基準に選べばお得なのでしょうか。こちらのページでは、太陽光発電設備を選ぶ際のポイントをまとめました。

発電性能やコスパの良さに直結する「変換効率」と「kW単価」について理解してから検討すれば、粗悪品や高すぎるシステムに手を出す心配はなくなります。

>>メーカーが色々あって難しい…太陽光発電の設備の選び方

太陽光パネルの種類を徹底解説!

太陽光発電設備を導入するなら、太陽光パネルの種類について知っておきましょう。太陽光パネルの世界では、日夜新しい技術を使った商品が開発されています。

より効率的なもの、コスパの良いものを選ぶためには、消費者側にも最低限の知識が必要です。営業してくる業者のいいなりになってシステムを決めると、後々後悔する可能性も。

こちらのページでは、初心者にはわかりづらい太陽光パネルの種類を、「シリコン系」「化合物系」「有機系」の3つにわけてそれぞれ説明しました。

>>太陽光パネルの種類を徹底解説!

太陽光発電の採算基準の計算式紹介

あれこれと太陽光発電のメリットを語っても、結局のところ消費者が太陽光発電システムを導入するのは、「長い目で見たとき、太陽光発電システムを入れておいたほうが黒字になるから」です。

逆にいえば、太陽光発電を導入しても黒字にならないようであれば、お金をかけて新しいシステムを導入する意味がありません。

では、具体的にどういう方法で「太陽光発電を導入すると採算が取れるのか」を確かめれば良いのでしょうか。こちらのページでは、太陽光発電システムを導入するにあたって知っておきたい基礎知識と、採算が取れる分岐点を判断する計算式をご紹介しています。

>>太陽光発電の採算基準の計算式紹介

太陽光発電を設置したい!販売会社の選び方を紹介【愛知編】

愛知県内で太陽光発電システムを導入する際、業者から提示された見積もりを見て「相場より高いのか、それとも安いのか」がわからなければ価格交渉はできません。

基本的に、相場より高すぎる見積もりを出してくる業者も、相場より安すぎる見積もりを出してくる業者にも問題があるケースが多いです。

こちらのページでは、適切な販売会社を選べるように、愛知県内の一般的な太陽光発電の設置費用やシステムの導入料金、太陽光パネルの値段などをまとめました。

また、一般的にどういう施工だと設置費用が高くなるのかといった豆知識も解説しています。適切な料金で施工してもらうために、相場を知って信頼できる販売会社を選びましょう。

>>太陽光発電を設置したい!販売会社の選び方を紹介【愛知編】

太陽光発電の平均寿命・耐用年数は?

どれだけ最新で頑丈な設備でも、使っていればいつかは必ず壊れます。それは、太陽光発電機やソーラーパネルも変わりません。ただし、「耐用年数」と呼ばれる期間と、製品としての平均寿命は別物です。

「耐用年数」とは、減価償却をするために設定された書類上の寿命とでもいうべきもの。耐用年数が過ぎると書類上太陽光発電システムの資産価値はゼロになりますが、壊れていなければ現役で問題なく使えます。

こちらのページでは、太陽光発電システムの平均寿命と耐用年数の違いや、ソーラーパネルが持つ費用対効果の高さについて紹介しました。

>>太陽光発電の平均寿命・耐用年数は?