太陽光発電とお金の話

日照時間が全国トップクラスの愛知県名古屋市を例に、年間発電量と売電収入の目安、太陽光発電の補助金について解説しています。

愛知の日照時間は全国トップクラス

全国56の気象官署(気象台)による2008年から2012年の観測データでは、名古屋(愛知県)の年間日照時間は全国第5位、降水日数は4番目に少ないという結果が出ています。愛知は日本の中でも有数の太陽光発電設置に適した地域なのです。

国が運営する住宅用太陽光発電補助金制度の申請件数を見ても、愛知は7万7,741件(2009年~2013年累計)と全国で最も多くなっています。

太陽光発電の補助金制度

太陽光発電の補助金には、国からのものと地方自治体からのものの2つがあります。さらに地方自治体からの補助金では、都道府県と市町村の両方から支給が受けられる場合があります。

それでは愛知県名古屋市で太陽光発電システムを設置した場合に、受けられる補助金の額と条件を見てみましょう。

国からの補助金

国からの補助金は設置する太陽光発電システムの1kWあたり補助対象経費(太陽電池モジュール、架台、パワーコンディショナー、接続箱、直流側開閉機、交流側開閉機、設置工事費用の総額)の金額によって、2段階に分けられています。

補助金額 ・1kwあたりの補助対象経費が41万円を超え50万円以下のものは1kWあたり1.5万円
・1kwあたりの補助対象経費が41万円以下のものは1kWあたり2万円
対象者 住宅に太陽光発電システムを設置しようとする個人)、法人または建物区分所有法に規定する管理者で、電灯契約を結んでいる者。 個人の場合は、国内クレジット制度に基づく排出削減事業等について実施に関する意思を表明することが必要です。

愛知県の補助金

補助金額 (1)市町村補助金額の4分の1
(2)1kWあたり3,500円×出力kW数(上限4kW)
※(1)(2)のいずれか低い方の金額
対象者 愛知県内で自らが居住する住宅に設置する個人。

名古屋市の補助金

補助金額 1kWあたり1.2万円(上限5kW未満)
対象者 名古屋市内の自らが居住する住宅に、新たに太陽光発電システムを設置しようとする個人。

名古屋の年間発電量と売電収入の目安

太陽光発電の導入では年間にどれだけの電力が作れて、売電するとどれくらい利益が出るかが気になるところです。

愛知県名古屋市の平均年間日照時間から4.0kWのソーラーパネルを設置した場合の、年間発電量と売電価格を試算してみましょう。

発電した電力のうち自家消費する電力を40%、電力会社に買取ってもらう余剰電力を60%として計算しています。

また買取金額は中部電力の2013年4月から2014年3月までの買取単価38円(10年間)を元にしました。

設置場所 年間発電量 自家消費電力 余剰電力 売電金額
愛知県名古屋市 4,500kW 1,800kW 2,700kW 102,600円

以上のことから売電によって年間に得られる収入が、10万2,600円になることが解ります。

また自家消費した1,800kWも電力会社から購入する必要がなくなったので、この分の電気料金4万536円(1kWあたり22.52円)を加えると、年間で14万3,136円の利益が出た計算になります。