HOME » ソーラー発電システム導入お役立ち情報(愛知編) » 太陽光発電とオール電化は相性抜群!メリットや注意点を紹介

太陽光発電とオール電化は相性抜群!メリットや注意点を紹介

太陽光発電とオール電化

太陽光発電と相性がいいと言われるオール電化。電気+ガスに比べるとどんなメリットがあるのか、導入時に注意したい点は?など気になる情報をまとめてみました。

オール電化とはなにか

オール電化とは、調理や給湯、冷暖房などに使うすべてのエネルギーを電気でまかなうシステムのことです。

一般住宅では用途によって電気とガスを使い分けていますが、オール電化では給湯にはエコキュートや電気温水器を。調理にはIHクッキングヒーターなどを利用することにより、ガスを一切使わない生活を送ることができます。

逆にガスによって家庭で消費する電力を最小限に抑えるシステムのことを「オールガス」と言います。

オールガスと比べた優位点

安全性の高さ

ガスは火を使用しますが、オール電化は電気で加熱するシステムなので、火災発生リスクがほとんどありません。お子さんや高齢者がいるお宅では安全性の高さを考慮してオール電化にするケースが増えているようです。

環境への配慮

火を使用すると二酸化炭素が発生するため、地球温暖化が問題視されている今、ガスは決して環境に良いエネルギーとは言えません。一方、電気は二酸化炭素を排出しないシステムのため、地球にもやさしいところが魅力です。

太陽光発電+オール電化にすることのメリット

メリット1.光熱費のコストダウンが期待できる

オール電化で使用する電気は、太陽光発電システムによって自力で生み出すことができるため、光熱費のコストダウンが期待できます。さらに夜間電力が割安になるナイトプランなどを上手に活用すればよりコストが安くなり、一石二鳥です。

メリット2.災害時に役立つ

大きな災害が発生した場合、水、電気、ガスなどのライフラインがすべて断絶されることがあります。しかし太陽光発電とオール電化を併用していれば、太陽光から電気を作って家庭に供給することができるので、水以外のライフラインを確保することができます。

導入時に注意したい事

太陽光発電とオール電化の組み合わせはメリットが大きい反面、導入する際はいくつか注意したいことがあります。

注意点1.導入費がかかる

太陽光発電の平成27年のシステム設置費用(10kW未満)は約36万円/kW。仮に9kWのシステムを導入した場合、設置費用は約364万円となります。[注1]

一方、オール電化の設置費用はエコキュートとIHクッキングヒーターで100万円前後。さらに床暖房を入れると200万円前後が目安と言われており、ある程度まとまった費用が必要になるところがネックです。[注2]

[注1]経済産業省:電源種別(太陽光・風力)のコスト動向等について[pdf]

[注2]価格.com:「オール電化」ケース別導入プラン

注意点2.ガス代が安いお宅は損をする可能性あり

太陽光発電+オール電化のメリットはガス代を節約できるところですが、もともとガス代が安い家庭の場合は節約効果が低くなってしまうため、かえって損をしてしまう可能性があります。

具体的には、ガス代が月1万円を超える家庭ではメリットが大きいですが、月5~6千円未満の家庭では導入費の回収が難しくなってしまうので要注意です。

設置工事~アフターフォローまで一括施工 投資用の土地付き太陽光発電 太陽光発電専門の卸業者
ソレア
ソレア
エコスマイル
エコスマイル
ヒラソル
ヒラソル
設置工事: 設置工事:
(土地を購入した方のみ対応)
設置工事:
(地元の業者に委託)
土地付き: 土地付き: 土地付き:
取扱メーカー数:
(国内のみ9社)
取扱メーカー数:
(国内外合わせて11社)
取扱メーカー数:
(国内外合わせて19社)
名古屋と愛知を対象にサービスを展開しているソレア。地域を絞っている分、対応が早いのと1年間の無料点検が特徴です。 海外メーカーを積極的に採用している業者です。土地を持っていない人でも太陽高発電を始められる仕組みも採用しています。 顧客1人ひとりに専任の担当者が付き、事前の相談からアフターケア。充分ヒアリングをした上で提案してくれるため、始めて利用する人でも安心です。