HOME » 愛知の産業用太陽光発電いい話 » 年間の発電量はどのくらい?

年間の発電量はどのくらい?

愛知県名古屋で家庭用・産業用の太陽光発電システムを設置した場合、年間発電量と売電収入の目安はどのくらいなのかを検証。ソーラーシステムの購入でおすすめな販売会社もピックアップしました。

名古屋の太陽光発電・年間発電量目安

名古屋をはじめとする愛知県エリアは、全国でも有数の日照時間が長い地域です。

産業用太陽光発電システム(10kW)を設置した場合の推定年間発電量では、東京都11,175kW、大阪府11,696kW、福岡市11,762kWに対して、名古屋では12,589kWと全国第5位の発電量が見込まれています。

名古屋で太陽光発電システムを設置した場合、毎月の発電量と売電収入がどれくらいになるか日照時間のデータを元にしてシミュレートしてみましょう。

【240Wモジュール×24枚の月別発電量】
予測発電量 余剰電力 売電収入
1月 524.8kW 314.8kW 11,965円
2月 530.4kW 318.2kW 12,093円
3月 615.5kW 369.3kW 14,033円
4月 610kW 366.0kW 13,908円
5月 590.6kW 354.3kW 13,465円
6月 496kW 297.6kW 11,308円
7月 512.9kW 307.7kW 11,694円
8月 575.6kW 345.3kW 13,123円
9月 476.9kW 286.1kW 10,873円
10月 507.3kW 304.3kW 11,566円
11月 466.2kW 279.7kW 10,629円
12月 496.2kW 297.7kW 11,313円
合計 6,402.4kW 3,841.4kW 145,973円

メーカーごとの発電量と変換効率比較

太陽光発電システムは各メーカーによって、年間発電量と変換効率(太陽光のエネルギーを電流に変換する効率)が異なります。平成24年の住宅用太陽光発電システム導入支援補助金では、太陽光発電モジュールの変換効率の基準値として単結晶は16.0%以上、多結晶系では15.0%以上であることが求められています。

【メーカーごとの年間発電量と変換効率】
メーカー 種類 年間発電量 変換効率
東芝 単結晶 4,663kW 19.3%
パナソニック HIT 4,500kW 17.9%
サンテックパワー 単結晶 4,296kW 14.9%
三菱 多結晶 4.293kW 14.8%
シャープ 多結晶 4,287kW 16.5%
カナディアンソーラー 単結晶 4,227kW 15.6%
京セラ 多結晶 4,123kW 14.3%
ソーラーフロンティア CIS 4,000kW 12.2%

年間発電量と変換効率を比較すると東芝とパナソニックが、他社を引き離している印象を受けます。価格的にも両者はほとんど変わらないため、比較のポイントは屋根の形状や広さに合せて自由な設置ができるかというところに集約されるでしょう。

東芝の太陽電池パネルのサイズは一般的に普及しているサイズ(1,855×949)より面積が少なく、1,559mm×798mmです。パナソニックもサイズは小さく、1,580mm×812mmが普通サイズになっています。

パナソニックからは、さらにコンパクトなタイプとして818mm×812mmのハーフサイズも発売しています。同じ形状の屋根に設置するなら東芝よりハーフサイズがあるパナソニックの方が、より多くの太陽電池パネルを乗せられると言えそうです。